種類によって異なるがん治療方法~3つの選択肢を比較する~

進行度合いや部位によって最適ながん治療方法を選ぼう

種類によって異なるがん治療方法~3つの選択肢を比較する~

医者と看護師

外科手術をする前に準備しておくこと

外科手術の最中は麻酔が効いているので意識はありませんが、それでも体力があるかどうかや免疫力が高まっているかどうかは重要です。身体が万全の状態であれば手術もスムーズに済ませられるので、手術前から規則正しい健康的な生活をすることが大事になります。きちんと栄養のある食事を摂り、睡眠時間を確保して、最高の身体状態で手術当日を迎えるのが理想です。
剃毛など、手術に関する具体的な準備は病院側でしてもらえるので、患者側はその点について心配をする必要はありません。

化学療法とは

薬を使ってがん細胞の増殖を抑える方法のことを化学療法と呼んでいます。一般的に抗がん剤を使ってがん細胞が増えないようにしていくのですが、最近は抗がん剤の種類も増えてきました。中には積極的にがん細胞を攻撃できるものもあるので、効果的な治療ができると評判です。
ただし、人によっては副作用に悩まされることもあるため、とても慎重な取り扱いが求められています。がんの種類やできた部位、進行具合によって使う薬の種類というのは変わります。

放射線治療の効果

放射線で直接がん細胞を攻撃すると、がんの進行を抑えることができます。場合によってはがん細胞が消滅することもあるので、放射線治療はがん治療の現場では重宝されています。
外科手術が必要ないので、骨転移が始まってしまったがんに対しても使いやすいです。骨転移が始まると痛みが酷くなるのですが、放射線治療を用いるとその痛みを和らげることができます。したがって、緩和ケアの現場でもこの治療法は多用されています。

がんの種類で病院を選ぶ

がん治療は、部位や進行具合によっても対処の仕方が変わります。治療法は多種多様で、病院によっては特定の治療法に対して自信を持っている場合もあります。ですから、がんの種類や希望する治療法に沿って、病院選びはしていく必要があります。